「ぎっくり腰が悪化するとどうなりますか?」この質問に整体師がお答えしていきます。

ぎっくり腰でお悩みの方は、お読み頂ければと思います。

ぎっくり腰が悪化するとどうなるの?

結論から言うと「動くことができない」です。

通常、ぎっくり腰は、適切な処置を行えば「緩和」されていきます。

しかし、ぎっくり腰を重ねるにつれて、症状が重度化して、動くこともできないと言った最悪なケースになることも。

  • 軽度(痛むがあるが、動ける)
  • 中度(激痛があるが、なんとか動ける
  • 重度(動けない)

重度のぎっくり腰になってしまうと、動くこともできないので、生活環境に支障をきたします。

なので、軽度のぎっくり腰になったとしても早急な処置が必要になります。

ぎっくり腰を悪化させるNG行動

ぎっくり腰を悪化させてしまうNG行動が下記です。

  • ストレッチ
  • 患部を温める

順番に解説していきます。

ストレッチ

ストレッチは注意が必要です。

ぎっくり腰になったら、とりあえずストレッチを実施する人が多いのですが、危険なのでやめておきましょう。

下手にストレッチをしてしまうと、ぎっくり腰を悪化させてしまうことになります。

ぎっくり腰になったら、すぐにお近くの整体院、または、悠大整体院にご相談してください。

患部を温める

これも注意が必要です。

ぎっくり腰は「急性腰痛症」という正式名称がありまして、つまり、炎症が行っているということです。

炎症が起こっている患部を温めてしまうと、痛みが広がる可能性がありますので、注意が必要です。

適切な対処としては、患部を冷やすこと。

あとは、安静にすることも大事です。

まとめ

今回は「ぎっくり腰が悪化するとどうなるの?」という質問にお答えしていきました。

ぎっくり腰は「魔女の一撃」と呼ばれるくらい、激痛のある症状です。

すぐに緩和すると良いのですが、重度になってしまうと、その場から動けなくなることもあります。

ぎっくり腰かな?と思ったら、早急に、お近くの治療院、整体院までご相談してください。

ご相談はこちらから
LINEでのご予約

いきなりの予約は不安…
という方も、お気軽にお問い合わせください。

/ 24時間予約受付中 \
お電話でのご予約

お電話でのご予約も承っております。

※電話につながらない場合は
LINEからのご予約をお願いいたします
当院は完全予約制です。
おすすめの記事