腰から下肢にかけての痛みやしびれ

ヘッダー画像-lp2-2023_05_24

腰から下肢にかけての痛みやしびれにお悩みの方へ

「腰から下肢にかけての痛みやしびれ」に日々悩まされていませんか?普段の生活で、仕事や家事、趣味の時間さえも痛みに支配され、自由に行動できないと感じているのではないでしょうか。このようなつらい症状は、整体が一つの解決策となる可能性があります。

 

このようなことに困っていませんか?

腰から下肢にかけての痛みやしびれによって、日常生活で苦しむ経験は個々によって違うかもしれませんが、多くの人が共通して抱える問題や困難があります。

  1. 長時間座って仕事をするのが難しい。
  2. 通勤や買い物などでの長距離歩行が困難。
  3. スポーツや趣味を楽しむことが制約される。
  4. 重いものを持ち上げることができない。
  5. 睡眠中も痛みに悩まされ、十分な休息がとれない。
  6. 階段の昇り降りが困難。
  7. 子どもや孫と遊ぶことができない。
  8. 痛みを和らげるための薬に頼らざるを得ない。
  9. 慢性的な痛みにより気分が落ち込み、生活の質が低下する。

 

腰から下肢にかけての痛みやしびれ症状とは?

「腰から下肢にかけての痛みやしびれなどの症状」に関連する症状や疾患は大きく2種類に分けることができます。

具体的には、解剖学的(構造的)な痛みやしびれ「坐骨神経痛」、「腰部脊柱管狭窄症」、「椎間板ヘルニア」と、生理学的(機能的)な痛みやしびれ「自律神経」「ストレスが関係する痛みやしびれ」などがあります。

 

解剖学的(構造的)な痛みやしびれ

  1. 坐骨神経痛: 坐骨神経が圧迫されるか刺激されると発生します。坐骨神経は脊髄から腰部と大腿部を通り、足まで伸びています。痛みは通常、腰から臀部、大腿部、膝、足まで放散します。
  2. 腰部脊柱管狭窄症: 脊柱管(脊髄が通る管)が狭くなり、神経根が圧迫される病態です。症状は立っている、歩いているときに悪化し、曲がっている、座っているときには軽減します。
  3. 椎間板ヘルニア: 椎間板(脊椎骨の間にあるクッション状の組織)が破れ、中のゲル状物質が漏れ出し、隣接する神経根を圧迫します。

 

坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアの特徴としては、以下のような点が挙げられます。

  1. 痛みの程度や質は個々により異なり、鋭い痛み、鈍痛、焼けつくような痛み、ピリピリとした痛みなどと感じることがあります。
  2. 痛みやしびれは安静時だけでなく、立ったり歩いたりといった動作をしたときに悪化することが多いです。
  3. 長時間座っていたり、同じ姿勢を続けていたりすると症状が悪化することがあります。
  4. 柔軟性が失われ、動きが制限されることがあります。
  5. 疲労感や筋力低下や筋肉がやせ細る状態を伴うことがあります。

しかし、これらの症状は個々の体質や生活習慣、疾患の状態により変わるため、一概に全ての人に当てはまるわけではありません。

 

生理学的(機能的)な痛みやしびれ

  1. 自律神経が関係する痛みやしびれ: ストレスや緊張が原因で自律神経が乱れると、血流や筋肉の緊張状態が変わり、痛みやしびれが引き起こされることがあります。
  2. ストレスが関係する痛みやしびれ: 長期的なストレスは筋肉の緊張を引き起こし、それが神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こすことがあります。特に、腰部や大腿部に痛みやしびれがある場合、ストレスが原因である可能性があります。

 

自律神経やストレスが原因の痛みやしびれの特徴としては、以下のような点が挙げられます。

自律神経とは、私たちの体をスムーズに動かすために、体の各部分の働きをコントロールしている神経の一種です。体の温度調節や心臓の働き、胃腸の動きなど、私たちが意識しなくても行われている様々な機能を管理しています。

自律神経がうまく働いているとき、体の各部分は適切な緊張感を保ち、私たちは健康に過ごすことができます。しかし、ストレスや長時間の仕事、不規則な生活などにより自律神経のバランスが崩れると、血流が悪くなることがあります。

体の各部分への血液の供給が不十分になると、筋肉や神経がうまく働かなくなり、これが腰や足に痛みやしびれを引き起こすことがあります。

また、自律神経の乱れは筋肉の緊張や硬直を引き起こすこともあります。特に腰や下肢は体重を支える重要な部分なので、ここが硬くなると痛みやしびれが生じやすくなります。

さらに、自律神経の乱れは免疫力の低下を招くことがあり、これが慢性的な炎症や痛みを引き起こすこともあります。

 

自律神経を整える施術の効果

自律神経がうまく働くと、体の各部分への血液の流れが良くなり、筋肉の緊張が和らぎ、神経の働きも正常に戻るとされています。その結果、腰や足の痛みやしびれが軽減すると考えられています。

また、自律神経を整えることで、ストレスが軽減されることもあります。ストレスが少なくなると、体の緊張も少なくなり、それがさらに痛みやしびれを軽減する効果につながるとされています。

それぞれの人によって体の状態や生活環境が違うため、施術の効果は人それぞれ異なると思います。しかし、身体の巡りが悪いため痛みやしびれが出ている場合は、自律神経を整えることで、体全体のバランスを整え、より健康的な状態を目指すことが可能です。

 

腰から下肢にかけての痛みやしびれになりやすい人の傾向と特徴

生活習慣の影響(食事の影響)

栄養バランスの取れていない食事や偏った食事をしていると、体の健康維持に必要なビタミンやミネラルが不足し、体全体の調子が悪くなることがあります。特に、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、筋肉や神経の正常な働きを保つために重要です。これらの栄養素が不足すると、筋肉の緊張や神経の働きに影響を及ぼし、「腰から下肢にかけての痛みやしびれ」を引き起こす可能性があります。

 

体の使い方や姿勢の影響

「腰から下肢にかけての痛みやしびれ」になりやすい人の傾向として、一日中立ち仕事をしている人や重い物を頻繁に持ち上げる人がいます。長時間立ち続けると、腰や脚に負荷がかかり、筋肉や神経が圧迫されることで痛みやしびれが出ることがあります。また、重い物を持ち上げるときに正しい姿勢でないと、腰や脚に余計なストレスがかかり、痛みやしびれを引き起こすことがあります。

「腰から下肢にかけての痛みやしびれ」になりやすい人の傾向として、一日のほとんどを座って過ごす人や運動不足の人が多いとされています。長時間座ることは、腰や脚に負担をかけ、筋肉や神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こすことがあります。また、運動不足は筋肉の衰えを招き、筋肉が支えきれなくなって同じような症状を引き起こす可能性があります。

次に、姿勢の影響について考えてみましょう。背筋が伸びていない姿勢や、頭が前に出ている姿勢(いわゆるスマホ首)など、姿勢が悪いと体のバランスが崩れ、腰や脚に不必要な負荷がかかります。これにより、神経が圧迫され、痛みやしびれを感じることがあります。

 

睡眠や環境の影響

睡眠は、私たちの体を修復し、疲労を解消する重要な時間です。しかし、十分な時間をとらず、または寝心地の悪いベッドで寝ると、筋肉や神経がリラックスする機会が減少し、それによって腰や脚の痛みやしびれを引き起こすことがあります。

寒い環境や湿度が高い環境は、筋肉や神経に負担をかけ、腰から下肢にかけての痛みやしびれを引き起こす可能性があります。

睡眠の質を高めることで、「腰から下肢にかけての痛みやしびれ」の改善につながる可能性があります。

 

腰から下肢にかけての痛みやしびれになりやすい人の傾向と特徴のまとめ

影響の種類 傾向と特徴 具体例
食事の影響 食生活が偏っている人 ファストフードを頻繁に食べる、野菜をあまり食べない
体の使い方や姿勢の影響 姿勢が悪い人、長時間同じ姿勢を続ける人 長時間デスクワークをする、スマホを見る時に前かがみになる
睡眠や環境の影響 睡眠時間が不足している人、寝心地の悪いベッドで寝る人、寒い環境や湿度が高い環境にいる人 夜更かしをする、古いマットレスで寝る、冷房が効きすぎている部屋にいる

これらの習慣や環境は、「腰から下肢にかけての痛みやしびれ」を引き起こす可能性があります。一つ一つが小さな影響かもしれませんが、積み重なると大きな問題になります。生活習慣の見直しや整体による改善が有効です。

 

放置するとどうなる?

悪化のリスク

腰から下肢にかけての痛みやしびれを放置すると、問題がさらに大きくなる可能性があります。主に三つのリスクがあります。

まず一つ目は、痛みやしびれが慢性化するリスクです。そのままにしておくと、痛みやしびれが常にある状態になり、生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。例えば、歩くのが困難になったり、日常生活の動作が難しくなったりすることがあります。

二つ目は、他の部分への影響です。腰や下肢の問題を放置すると、身体が無意識に負担を分散しようとして他の部位に影響を及ぼすことがあります。これは、身体が痛みや不快感を避けるために、体の使い方を変えてしまう結果を招きます。たとえば、足を引きずるように歩くと、それが膝や腰に余計な負担をかけて新たな問題を生じさせることもあります。

三つ目は、生活の質(QOL)の低下です。持続的な痛みやしびれは、仕事や学校、趣味など日常生活のあらゆる面で影響を及ぼし、あなたの生活の楽しみを奪ってしまう可能性があります。例えば、好きなスポーツができなくなったり、旅行を楽しむことが難しくなったりします。

以上のリスクからも分かるように、腰から下肢にかけての痛みやしびれを放置することは、あなたの生活に悪影響を及ぼす可能性が高いです。そのため、早期に適切な対処をすることが大切です。

 

当院で受けられる整体の効果

整体で改善が期待できる腰から下肢にかけての痛みやしびれの症状

整体は身体全体をバランスよく調整する施術で、腰から下肢にかけての痛みやしびれの改善にも効果が期待できます。

整体では、脊柱や骨盤などの身体のバランスを整えることで、筋肉や神経の緊張を解き、痛みやしびれを軽減することが可能です。特に、腰痛や下肢の痛み、足のしびれなどは、身体のアンバランスが原因であることも多いので、整体によるアプローチが非常に効果的です。

また、自律神経の調整に整体は有効です。自律神経の乱れは身体の様々な部位に影響を与え、痛みやしびれを引き起こすことがあります。整体による全身のバランス調整は、自律神経を整えることで、これらの症状の軽減につながると考えられています。

したがって、腰から下肢にかけての痛みやしびれがある場合、整体は一つの良い選択肢となります。各自の症状に合わせたアプローチを整体師が行うため、個々の体調改善に役立つと言えます。

 

整体で改善が期待できない腰から下肢にかけての痛みやしびれの症状

整体は体全体のバランスを整え、筋肉や神経の緊張を和らげる施術なので、多くの腰から下肢にかけての痛みやしびれに対する改善が期待できます。しかし、すべての症状が整体で改善するわけではありません。

たとえば、骨折や脱臼、重度の腱(けん)や靭帯(じんたい)の損傷など、重篤な物理的な損傷を伴う症状は、医療の専門家による治療が必要です。整体では、これらの重度の損傷に対する直接的な治療は行えません。

また、ある特定の疾患や病気が原因で発生する痛みやしびれ、例えば神経疾患や血行障害などの場合、整体だけでの改善は難しいことがあります。これらの症状は、専門的な医療措置や薬物療法が必要となることが多いです。

そのため、腰から下肢にかけての痛みやしびれがある場合は、まず医療機関で診断を受け、その原因を特定することが大切です。その上で、整体が適切なアプローチであるかどうかを決定するのがよいでしょう。

 

日常生活の質の向上

腰から下肢にかけての痛みやしびれが改善すると、一日の活動を通じての快適さが増します。痛みやしびれがなくなると、長時間座っていることや歩くことも苦痛ではなくなります。

これは、仕事や学校での集中力を高め、生産性を向上させるだけでなく、趣味やレクリエーションにももっと時間を費やすことができるようになります。

また、健康的な運動習慣も取り入れやすくなります。痛みやしびれがなくなると、自転車に乗ったり、散歩やジョギングをしたり、スポーツを楽しむことが可能になります。これにより、全体的な健康状態も改善されるでしょう。

さらに、睡眠の質も改善されます。痛みやしびれが起きないことで、深い眠りを得られ、翌日の気力と気分も向上します。

最後に、社交活動も楽しめるようになります。体の痛みや不快感がなくなると、友人との集まりや家族との時間、旅行などを心から楽しむことができます。

腰から下肢にかけての痛みやしびれが改善されると、より活動的で健康的な生活が送れるようになり、その結果として生活の質が大幅に向上します。

 

予防・再発防止とセルフケアのポイント

自宅でできるセルフケア

坐骨神経痛の自宅でのセルフケアには以下のような方法があります。

  1. 軽い運動: 腰痛や脚の痛みを和らげるために、歩くなどの軽い運動が推奨されます。安全に行え、筋力を保つために役立ちます。
  2. ストレッチ: ストレッチングは筋肉の緊張を和らげ、柔軟性を向上させるのに役立ちます。腰や脚の筋肉を中心に、ゆっくりとしたストレッチを試してみてください。
  3. 痛みを和らげる: 温湿布や冷湿布を痛む部分に当てることで、痛みを和らげることができます。
  4. 良好な姿勢を保つ: 座るときや立つとき、そして寝るときにも背筋を伸ばし、良い姿勢を心掛けてください。良好な姿勢は腰や脚への不要なストレスを減らし、痛みを和らげるのに役立ちます。
  5. ストレスを管理する: ストレスは身体全体に影響を及ぼし、痛みを増加させる可能性があります。深呼吸、瞑想、ヨガなどはストレスを減らすのに役立ちます。

これらのセルフケアの方法を継続的に行うことで、症状の管理に役立つ可能性があります。しかし、症状が悪化する場合や改善しない場合は、医療専門家に相談してください。

 

腰から下肢にかけての痛みやしびれでお悩みの方は一度当院へご相談ください

健康な生活への一歩を踏み出しませんか?

健康な生活への一歩を踏み出しませんか? 痛みに耐えながら過ごす日々は、ストレスを感じるだけでなく、日常生活や趣味を楽しむことも困難になってしまいます。

私たちは、身体全体のバランスを整え、自律神経を調整することで、症状やお悩みが根本改善することを目指しています。一人一人の症状や体調に合わせた施術を提供し、より健康な生活を送るお手伝いをします。

健康な生活への一歩を踏み出すために、まずは私たちの整体院へご予約ください。あなたの健康をサポートするために、私たちスタッフ一同、心からお待ちしております。

 

お悩みのご相談お待ちしています

3つのお約束

無理やり予約を取ることはしません。

早期改善のため最適な施術プランを提案し、それに従って来院することをおすすめしています。施術プランに納得いただけない場合は、無理に予約を迫るようなことは絶対にしません。

お時間を無駄にすることはしません。

検査を行い、ゆがみの根本原因を的確に調整することで、短時間でもからだが変化します。当院の施術は、横になるのが辛い方や忙しい方からも「通院しやすい」と好評を得ています。

事前に料金説明して施術を行います。

当院では、施術前に整体内容と施術方針と金額の説明をしています。「これとあれの追加で、合計○○円です」といった、施術後になって初めて金額がわかるようなことはしません。

 

campaign

7月20日 (土)までに
LINE予約フォームから予約申し込みの方に限り

 

初回整体コース

初回 5,500円
通常初回 9,900円

 

先着10名様のみ
→ 残り 5 名

※初回はカウンセリング・検査があるため、60分ほど掛かります。
※お電話での予約はキャンペーンの対象外です。
※必ずLINE予約フォームをご利用ください。

 

LINEでのご予約

お気軽にお問い合わせください。

▷LINEで簡単に予約ができます。

痛みや症状、からだのお悩みがLINEで相談できます。

LINE予約

/ 24時間予約受付中 \
お電話でのご予約

受付は10時からです。

※特典やキャンペーンのご利用はできませんが、通常のご予約はお電話でも承っています。

※電話がつながらない場合は留守番電話に切り替わるので、お名前とご連絡先をお知らせください。こちらから折り返しお電話いたします。

受付:10時〜18時
(木曜10時〜12時)
休業日:日・祝・木曜日午後

当院は完全予約制です。

tel:0878610861

初めてご来院の方へ

当院のメニューおよび料金はこちら

 

香川県高松市の悠大整体院の所在地

悠大整体院地図
〒760-0078
香川県高松市今里町2丁目29-20
電話:087-861-0861(受付は10時から)
駐車場:前面に3台あり