脊柱管狭窄症

ヘッダー画像-lp2-2023_05_24

脊柱管狭窄症にお悩みの方へ

脊柱管狭窄症による不快な痛みのために歩くのも困難で、普段の生活に影響が出ていませんか?長時間座っているだけで痛みが出てしまう、階段が怖い、趣味のゴルフや散歩を楽しめない、家事や仕事に集中できない…これらは、あなたの日常生活を大きく制限する厳しい状況です。

脊柱管狭窄症は厄介な問題ですが、整体施術は悩みの解決につながる可能性があります。お悩みの方は一度お問い合わせください。

 

このようなことに困っていませんか?

以下に、脊柱管狭窄症によって引き起こされる可能性のある悩みや問題を挙げてみました。

  1. 長時間立つことが難しい
  2. 歩行が困難で、遠くへの移動が制限される
  3. 趣味の活動(ガーデニング、散歩、ゴルフなど)が制限される
  4. 重いものを持つことができない
  5. 睡眠中にも痛みがあるため、十分な休息が取れない
  6. 痛みにより仕事や家事に集中できない
  7. 運動不足による体調不良や体力の低下

 

脊柱管狭窄症症状とは?

【脊柱管狭窄症とは】

脊柱管狭窄症は、脊柱(せきつい)の中にある「脊柱管」が狭くなり、そこを通る神経や脊髄(せきずい)が圧迫される病状を指します。脊柱は、私たちの体を支え、立つ、座る、歩くなどの動きを可能にする大切な部分で、その中には大切な神経が通っています。そのため、この病状は身体の様々な場所に影響を及ぼし、日常生活に大きな支障をもたらします。

【脊柱管狭窄症の特徴】

脊柱管狭窄症の特徴は、その原因や進行度により多様ですが、主に以下のようなものがあります。

  1. 歩行時の脚の痛みやしびれ:これは「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」とも呼ばれ、長い距離を歩くと脚に痛みやしびれが出ることを指します。これは、脊髄や神経が圧迫されることで血流が悪くなり、酸素と栄養素が足りなくなるためです。
  2. 立つと痛むが、前かがみになると楽になる:立った状態では脊柱管が狭まるために痛みが強くなりますが、前かがみになると脊柱管が広がり、痛みが和らぐことがあります。
  3. 自律神経症状:脊髄には、自律神経を制御する神経も通っています。そのため、脊柱管狭窄症が進行すると、自律神経症状も出現する可能性があります。これには、頭痛、めまい、不整脈、息切れ、消化不良、便秘、多尿などがあります。
  4. 夜間や休息時でも痛む:通常、立ったり歩いたりすると痛みが増すのですが、重度の場合は横になっていても、または座っていても痛みがあることがあります。

これらの症状は、日常生活に影響を及ぼすだけでなく、心身の健康にも悪影響を及ぼします。そのため、整体院では、体全体のバランスを整えることで、これらの症状の緩和や改善に役立つことが期待されます。特に、自律神経を整える施術は、自律神経症状の改善につながる可能性があります。

 

脊柱管狭窄症と自律神経の関係

【脊柱管狭窄症と自律神経の関係】

脊柱管狭窄症とは、背骨の中を通る神経を保護するための管が狭くなり、神経が圧迫されて様々な症状が起こる病気です。自律神経は体の内部で様々な機能を自動的に調整しており、この自律神経も脊柱管の中を通っています。そのため、脊柱管狭窄症が進行すると、自律神経の働きに影響を及ぼすことがあります。

【脊柱管狭窄症が原因で自律神経が悪化する場合とは】

脊柱管狭窄症が進行すると、自律神経の働きに影響を及ぼし、自律神経失調症を引き起こす可能性があります。自律神経失調症は、心拍数の増加、発汗の異常、消化器官の問題など、身体の様々な箇所に影響を及ぼすことがあります。また、自律神経の乱れはストレス反応を引き起こし、体のあらゆる部位に影響を及ぼし、慢性的な痛みや不快感を悪化させる可能性があります。

【自律神経を整える施術の効果】

脊柱管狭窄症の根本的な改善は、病状の進行によっては医療専門家による治療が必要となりますが、自律神経を整える施術は、症状の軽減や生活の質の改善に役立つことが期待されています。この施術は、自律神経のバランスを整え、緊張やストレスを和らげ、痛みや他の不快な症状を軽減します。さらに、自律神経が整った状態では、体の自己調整能力が向上し、体全体の健康状態を維持しやすくなります。

 

脊柱管狭窄症になりやすい人の傾向と特徴

【脊柱管狭窄症になりやすい人の傾向と特徴】

脊柱管狭窄症になりやすい人の傾向としては、高齢者や重労働をしている人、肥満体の人、遺伝的な要素を持つ人などがいます。これらは脊柱、特に腰部分への負担が増えることから脊柱管狭窄症になりやすいと考えられます。また、生活習慣にも密接な関係があります。

【生活習慣の影響(食事)】

食生活のバランスが崩れると、体重が増え肥満になり、脊椎への負荷が増えて脊柱管狭窄症になりやすくなります。また、カルシウムやビタミンDなど、骨を健康に保つための栄養素が不足すると、骨が弱くなり脊柱管狭窄症になりやすくなる可能性があります。

【体の使い方や姿勢の影響(運動)】

体の使い方や姿勢が悪いと、背骨に不必要なストレスがかかり、それが原因で脊柱管狭窄症になる可能性があります。特に、長時間の立ち仕事や重いものを持ち続ける仕事、不適切な姿勢での座り仕事などは、腰への負担が大きくなります。

【睡眠や環境の影響(睡眠)】

睡眠は体を休め、修復するための重要な時間です。睡眠不足は体の修復機能を低下させ、脊柱管狭窄症のリスクを高める可能性があります。また、寝具や寝姿勢が適切でないと、脊椎に負担がかかり、それが原因で脊柱管狭窄症になる可能性があります。

こちらは脊柱管狭窄症になりやすい人の傾向と特徴を食事、運動、睡眠の観点からまとめた表です。これを見て自分の生活習慣を見直してみてください。

傾向と特徴 説明
生活習慣の影響(食事) 不健康な食生活は体重増加や骨の健康に影響を及ぼし、脊柱管狭窄症のリスクを高める可能性があります。バランスの良い食事と栄養素の補給を心掛けましょう。
体の使い方や姿勢の影響(運動) 不適切な姿勢や体の使い方は腰への負担を増やし、脊柱管狭窄症につながる可能性があります。適切な体の使い方と姿勢を維持することが重要です。
睡眠や環境の影響(睡眠) 不足した睡眠や不適切な寝具・寝姿勢は体の修復機能を低下させ、脊柱管狭窄症のリスクを高める可能性があります。適切な睡眠時間と環境を確保しましょう。

 

放置するとどうなる?

脊柱管狭窄症を放置すると、さまざまな問題が起こる可能性があります。痛みが増す「悪化のリスク」、痛みが長期間続く「慢性化のリスク」、また「長期的な影響」もあります。

悪化のリスク: 脊柱管狭窄症は放置すると症状が悪化する可能性があります。つまり、痛みが増すだけでなく、歩行困難や排尿・排便の問題など、さまざまな症状が出る可能性があります。これは、狭窄(つまり、狭くなった)部分がさらに狭まり、脊髄や神経根を圧迫するからです。

慢性化のリスク: 放置すると、痛みが長期化し、慢性的な問題になる可能性があります。脊柱管狭窄症の痛みが慢性化すると、日常生活のあらゆる側面に影響を及ぼし、生活の質を低下させる可能性があります。

長期的な影響: 脊柱管狭窄症を放置すると、神経が損傷し、それが永続的になる可能性があります。これは、通常の活動に影響を及ぼすだけでなく、体の一部が麻痺する可能性があります。これらは、狭窄部位が時間とともにさらに狭まり、神経が持続的に圧迫される結果です。そのため、早期の対策と治療が大切です。

「脊柱管狭窄症を放置すると何が起こるか」を簡単に理解するための表を作りました。それぞれのリスクとその影響を見てみましょう。

種類 影響
悪化のリスク 症状が増え、痛みが増し、歩行困難や排尿・排便の問題などが発生する可能性があります。
慢性化のリスク 痛みが長期化し、慢性的な問題になり、日常生活のあらゆる側面に影響を及ぼす可能性があります。
長期的な影響 神経が損傷し、それが永続的になる可能性があります。これは、通常の活動に影響を及ぼすだけでなく、体の一部が麻痺する可能性もあります。

 

当院で受けられる整体の効果

整体で改善が期待「できるもの」と「できないもの」について説明します。整体は主に筋肉の緊張を和らげることで体のバランスを整える手法で、その結果、いくつかの症状の緩和につながることがあります。しかし、全ての症状が整体で改善するわけではありません。

整体で改善が期待できるもの

については、脊柱管狭窄症の場合、軽度の症状、特に筋肉の緊張に由来する痛みや不快感が該当します。例えば、坐骨神経痛のような一時的な痛みや軽度の歩行困難などは、整体で筋肉の緊張を緩和し、体のバランスを整えることで改善が期待できます。

 

整体で改善が期待できないもの

脊柱管狭窄症の重度の症状や、物理的な脊柱の狭窄による神経の圧迫は整体で改善が期待できません。例えば、重度の痛みや神経症状(感覚異常、筋力低下、排尿・排便の障害など)は、専門的な医療機関での治療を要します。また、脊柱管狭窄症の根本的な解決には、場合によっては手術が必要となることもあります。

これらの情報はあくまで一般的なものであり、個々の症状や状況によっては異なる場合があります。したがって、具体的な症状がある場合は、必ず専門的な医療機関に相談することをお勧めします。

 

日常生活の質の向上

「脊柱管狭窄症」の症状が改善すると、日常生活の質が向上します。

  1. 活動的なライフスタイル: 痛みが軽減されると、長時間の立ち仕事やウォーキングなどの活動がより快適になります。これにより、日常生活での活動の範囲が広がるでしょう。
  2. 快適な睡眠: 痛みが和らぐと、睡眠中の不快感が軽減されます。良い睡眠により全体的な健康と心地よさを手に入れれるでしょう。
  3. 社会活動の充実: 歩行や長時間座っていることが楽になると、友人との集まりや趣味、地域活動にも積極的に参加できるようになります。
  4. 自立した生活: 痛みの管理が改善されると、日常生活のタスク(買い物、家事、運転など)が独力でこなせるようになります。自立した生活への一歩となります。
  5. ポジティブな心持ち: 痛みが軽減し、日常生活の質が向上すると、全体的に気分が向上し幸福感が高まるでしょう。

これらの変化は、整体を続け、健康的な生活習慣を保つことで可能となるはずです。

 

16予防・再発防止とセルフケアのポイント

「脊柱管狭窄症」の予防や再発防止、そして自宅でできるセルフケアの方法は、健康なライフスタイルと適切な体の使い方が中心となります。ここで重要なポイントと具体的な方法を説明します。

予防や再発防止のポイント 「脊柱管狭窄症」の予防や再発防止には、次の要点が重要です。

  1. 適度な運動: 適度な運動は筋力を維持し、関節の柔軟性を保つのに役立ちます。特に、腰部の筋肉を強化する運動は脊柱の支持を改善し、「脊柱管狭窄症」のリスクを減らします。
  2. 正しい体の使い方: 間違った姿勢や無理な動きは脊柱に負担をかける可能性があります。正しい姿勢を保つことと、重い物を持ち上げるときなどの動きに注意することが重要です。
  3. 適切な体重管理: 過度な体重は脊柱に追加のストレスをかける可能性があります。健康的な食事と適度な運動で体重を管理することは、脊柱の健康に有益です。

自宅でできるセルフケアの方法 自宅でのセルフケアは、次のような方法があります。

  1. ストレッチング: 定期的にストレッチングを行うと、筋肉の柔軟性を保つことができます。特に、アキレス腱や太ももの裏側の筋肉を伸ばすストレッチングが有効です。
  2. 痛みの管理: 痛みが出たときは、無理をせずに休息をとることが重要です。また、温湿布や冷却パッドを使用して痛みを和らげることもできます。

日常生活での工夫 日常生活では以下のような工夫が有効です。

  1. 姿勢: 座るときや立つときには、背筋を伸ばし、腰に無理な負担をかけないように注意します。
  2. 休息: 長時間の立ち作業や座り仕事を行う場合は、定期的に休憩をとり、体勢を変えることが重要です。
  3. 運動: ウォーキングや水泳などの運動を日常的に行うことで、筋肉の健康を維持することができます。

これらのアドバイスは一般的な内容であり、個々の状況によって異なる可能性があることを覚えておいてください。症状が悪化したり、改善しない場合は、医療専門家に相談してください。

以下の表は、「脊柱管狭窄症」の予防・再発防止と自己管理のポイントを簡単にまとめたものです。

カテゴリ ポイント
予防・再発防止のポイント 1. 適度な運動で筋力と柔軟性を維持
2. 正しい体の使い方で脊柱への負担を軽減
3. 適切な体重管理で脊柱へのストレスを軽減
自宅でできるセルフケアの方法 1. ストレッチングで筋肉の柔軟性を保つ
2. 痛みの管理には無理をせず休息、温湿布や冷却パッドの使用
日常生活での工夫 1. 正しい姿勢を保つ
2. 定期的な休息をとる
3. 低インパクトな運動を習慣化

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は一度当院へご相談ください

当院で受けられる整体の効果とサポート

当院の整体は、脊柱管狭窄症の症状の軽減を目指します。体のバランスを整えることで、痛みを和らげ、身体機能を向上させることを目指しています。また、自宅でできるエクササイズや生活スタイルのアドバイスも提供します。健康な日常生活を取り戻すお手伝いをします。

「健康な生活への一歩を踏み出しませんか?」 脊柱管狭窄症の症状により、日常生活が困難に感じることはありませんか?一緒に一歩を踏み出し健康で快適な生活を目指しませんか?

ご連絡をお待ちしています。

 

お悩みのご相談お待ちしています
LINEでのご予約

お気軽にお問い合わせください。

▷LINEで簡単に予約ができます。

痛みや症状、からだのお悩みがLINEで相談できます。

LINE予約

/ 24時間予約受付中 \
お電話でのご予約

受付は10時からです。

※特典やキャンペーンのご利用はできませんが、通常のご予約はお電話でも承っています。

※電話がつながらない場合は留守番電話に切り替わるので、お名前とご連絡先をお知らせください。こちらから折り返しお電話いたします。

受付:10時〜18時
(木曜10時〜12時)
休業日:日・祝・木曜日午後

当院は完全予約制です。

tel:0878610861

初めてご来院の方へ

当院のメニューおよび料金はこちら