腰椎椎間板ヘルニア

ヘッダー画像-lp2-2023_05_24

腰椎椎間板ヘルニアにお悩みの方へ

腰椎椎間板ヘルニアのため、日々の生活や仕事に影響を及ぼすほどの痛みを感じたり、動きにくさや限界を感じたりしていませんか?

腰椎椎間板ヘルニアの症状の痛み、その不便さ、その限界感、それらは決して「我慢しなければならない」ものではありません。

当整体院で体のバランスを整え自己調整能力を引き出すことで、症状の改善につながる可能性があるからです。お悩みの方は、我慢せず一度ご相談ください。

 

このようなことに困っていませんか?

腰椎椎間板ヘルニアは、日常生活に大きな影響を及ぼすことがあります。

  1. 長時間座っていると腰が痛くなる。
  2. 重い荷物を持つと痛みがひどくなる。
  3. 長時間立っていると腰に負担がかかり、痛みが増す。
  4. 痛みがひどくて眠れない夜がある。
  5. 痛みで日常の動きが制限され、家事や趣味に影響が出ている。
  6. 長時間のドライブや飛行機の移動が困難。
  7. 痛みで仕事に集中できない。
  8. スポーツや運動ができなくなった。
  9. 痛み止めの薬に頼る日々が続いている。

これらの状況は、腰椎椎間板ヘルニアの症状と日常生活との間に生じる摩擦から来るもので、このような問題を抱えている方々にとって、新たな解決策が必要となります。

 

腰椎椎間板ヘルニア症状とは?

腰椎椎間板ヘルニアの特徴

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰の部分の椎間板が飛び出す病気です。椎間板とは、私たちの背骨の骨と骨の間にあるクッションのようなもので、これが飛び出すと神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こすことがあります。特に、長時間同じ姿勢をとること、重たい物を持ち上げること、急な運動などが原因となることが多く、一度発症すると再発しやすいという特徴があります。また、腰椎椎間板ヘルニアは、30代から50代の働き盛りの年代によく見られ、男性に多い傾向があります。

腰椎椎間板ヘルニアの関連症状

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は、腰痛と下肢への痛みやしびれです。腰痛は慢性的であり、立ち上がったり、長時間座ったり、重いものを持ったりするときに悪化します。

痛みは腰から臀部、大腿部、ふくらはぎ、足の裏まで放散することがあり、これを「坐骨神経痛」と呼びます。他にも、足が重だるい、筋力が落ちる、感覚が鈍くなるなどの症状が出ることもあります。これらの症状は、立ったり座ったりする姿勢の変化や、くしゃみ、咳などの際の腹圧の上昇によって悪化することがあります。

また、自律神経の乱れからくる症状も見られることがあります。自律神経は、心拍数や消化機能、血圧など私たちの体の無意識の動きをコントロールしています。腰椎椎間板ヘルニアによる痛みやストレスが自律神経に影響を及ぼし、その結果、頭痛やめまい、動悸、吐き気、冷え性、便秘や下痢など、さまざまな症状が引き起こされることがあります。

これらの症状は人によって異なりますが、腰椎椎間板ヘルニアの可能性がある場合、専門的な評価と適切なケアが必要です。

 

腰椎椎間板ヘルニアと自律神経の関係

【腰椎椎間板ヘルニアと自律神経の関係】

腰椎椎間板ヘルニアと自律神経との関係は、疼痛によるストレスと身体の反応の連鎖によって深まります。痛みはストレスを引き起こし、これが自律神経に影響を与えて自律神経失調症を招きます。また、自律神経失調症は痛みの感じ方を増幅させ、痛みとストレスの悪循環を作り出します。これにより、腰椎椎間板ヘルニアの症状が悪化することもあります。

【自律神経が原因になる場合とは】

自律神経が原因で腰椎椎間板ヘルニアになるとは、自律神経失調症が筋肉の緊張や痛みを引き起こし、それが腰椎椎間板ヘルニアのリスクを増加させる場合を指します。ストレスや過労、不規則な生活などで自律神経が乱れると、腰部の筋肉が過度に緊張し、それが椎間板への負担を増加させる可能性があります。これにより、腰椎椎間板ヘルニアのリスクが高まると考えられています。

【自律神経を整える施術の効果】

自律神経を整える施術は、腰椎椎間板ヘルニアの改善に一定の効果があるとされています。それは、自律神経のバランスを整えることで筋肉の過度な緊張を和らげ、痛みを軽減し、椎間板への負担を減らすためです。さらに、自律神経の調整は心地よいリラクゼーション効果ももたらし、心身のストレスを緩和します。しかし、施術はあくまで補助的なもので、根本的な治療は専門医の診断と指導に基づく医療行為によるものと理解することが重要です。

 

腰椎椎間板ヘルニアは急に発症しません。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みや不快感が突然襲ってきたように感じるかもしれません。しかし実は、それらの症状が顕在化するまでには、ある一定のプロセスが存在します。

考えてみてください。ちょっと重たい荷物を持った、長時間デスクワークをした、といったことは日常的にあることではないですか?それらの行動が蓄積し、脊椎に微細な負荷がかかり続けると、椎間板が突出してしまうことがあります。

また、心のストレスや疲労も大きな影響を与えます。これらは自律神経を乱れさせ、筋肉の緊張や血行不良を引き起こし、結果として腰痛を引き起こす要因となります。

だからと言って、すべての負荷やストレスがヘルニアを引き起こすわけではありません。しかし、それらが積み重なって体のバランスを崩し、自己調整能力が働かなくなったとき、突如として症状が現れるのです。

それはまるで氷山の一角のようなもの。表面に見えている痛みや不快感は、実はその下に隠れた多くの要因が絡み合って生じているのです。だからこそ、腰椎椎間板ヘルニアの治療では、症状を緩和するだけでなく、その根本にある問題を見つけ出し、自己調整能力を回復させることが重要となります。

 

【このようなことをしていませんか?】

皆さんが毎日の生活の中で無意識に行っている行動や習慣が、実は腰椎椎間板ヘルニアの原因になっていることもあります。それらはごく普通の行動であるため、気付かぬうちに体に負担を与えてしまうのです。以下に、そのような習慣をいくつか挙げてみます。

  1. 長時間の同じ姿勢の維持:デスクワークやドライブなどで長時間同じ姿勢を続けると、腰に負荷がかかります。
  2. 重たい荷物の持ち運び:重たい荷物を一方向に偏って持つことは、脊椎に不均衡な負荷を与えます。
  3. 偏った食生活:ビタミンやミネラル不足は、筋肉や骨の健康を損ない、体のバランスを崩します。
  4. ストレスの蓄積:心理的ストレスは自律神経を乱し、筋肉の緊張を引き起こします。
  5. 適切な運動不足:運動不足は筋力の低下を招き、腰を支える力が弱まります。
  6. 睡眠不足:十分な睡眠が取れないと、体の自己修復機能が働きづらくなります。
  7. 不適切な体重管理:過度の体重は腰に余計な負担を与えます。
  8. 過度な運動:適度な運動は良いですが、過度な運動は腰に負担を与えます。
  9. 姿勢の悪さ:背筋を伸ばさずに座ったり、猫背の状態で過ごすことは腰痛の原因になります。

これらの習慣を見直し、健康的なライフスタイルを心がけることで、腰椎椎間板ヘルニアの予防や症状の軽減につながることがあります。それでも悩みが続く場合は、専門的な視点からアドバイスを受けることをお勧めします。

 

腰椎椎間板ヘルニアになりやすい人の傾向と特徴

腰椎椎間板ヘルニアになりやすい人の特徴は、不規則な食事、適切でない運動習慣、不十分な睡眠をしている人に多く見られます。これらの生活習慣は、腰に負担をかけ、自律神経を乱す可能性があります。

【生活習慣の影響(食事)】

不健康な食事は体全体に影響を及ぼし、特に腰椎椎間板ヘルニアのリスクを増加させます。高カロリーで栄養バランスが偏った食事は肥満を引き起こし、これが腰への負担を増大させます。また、食事の摂取時間が不規則だと、自律神経が乱れる可能性があります。

【体の使い方や姿勢の影響(運動)】

体の使い方や姿勢も腰椎椎間板ヘルニアのリスクを高めます。長時間同じ姿勢でいること、重いものを無理に持ち上げること、スポーツなどで腰に過度の力を加えることなどが、腰への負荷となり、椎間板にダメージを与える可能性があります。また、適度な運動を怠ると筋力が低下し、腰に負担がかかりやすくなります。

【睡眠や環境の影響(睡眠)】

睡眠不足や不規則な睡眠は自律神経を乱し、それが筋肉の緊張や痛みを引き起こす可能性があります。これにより、腰椎椎間板ヘルニアのリスクが高まります。また、寝具や寝姿勢が不適切だと、腰に負荷がかかることがあります。

腰椎椎間板ヘルニアになりやすい人の傾向と特徴(まとめ)
食事 高カロリーで栄養バランスが偏った食事、食事の摂取時間が不規則
運動 長時間同じ姿勢、重いものを無理に持ち上げる、適度な運動を怠る
睡眠 睡眠不足や不規則な睡眠、寝具や寝姿勢が不適切

 

放置するとどうなる?

【腰椎椎間板ヘルニアを放置するとどうなる?】

腰椎椎間板ヘルニアを放置すると、症状が悪化したり慢性化したりする可能性があります。長期的な影響も懸念されるため、早期の対応が大切です。

(1) 悪化のリスク

腰椎椎間板ヘルニアを放置すると、次第に痛みが増すだけでなく、足に痛みやしびれが出るようになることもあります。これは神経が圧迫されている証拠で、早めの対応が必要です。

(2) 慢性化のリスク

放置していると、一時的な症状が永続化する恐れもあります。腰痛が日常生活に影響を及ぼし、仕事や学業、趣味などの活動が困難になることもあります。

(3) 長期的な影響

慢性化すると、生活習慣の変化や体型の変化につながることがあります。長期的に見ると、歩行困難や排尿障害などの神経症状が現れることもあります。これらは生活の質を著しく低下させ、健康にも影響を及ぼします。

腰椎椎間板ヘルニアを放置すると起こりうるリスクをわかりやすくまとめた表です。

放置した場合の影響
悪化のリスク 痛みが増し、足に痛みやしびれが出る可能性
慢性化のリスク 症状が永続化し、日常生活に影響が出る可能性
長期的な影響 歩行困難や排尿障害などの神経症状が出る可能性

当院で受けられる整体の効果

整体で改善が期待できるものとできないもの

整体は腰椎椎間板ヘルニアの症状軽減に効果的な治療法ですが、すべてのケースで改善が期待できるわけではありません。

整体で改善が期待できるもの

整体は体のバランスを整え、筋肉の緊張を緩和し、神経への圧迫を和らげることで、腰痛や股関節への痛み、足の痺れなど、腰椎椎間板ヘルニアの初期や軽度の症状を改善するのに役立ちます。定期的な施術により、痛みの緩和や日常生活への影響を減らすことが期待できます。

整体で改善が期待できないもの

ヘルニアが進行し神経が強く圧迫されている場合や、脚の筋力低下や排尿障害などの重度の神経症状が出ている場合は、整体だけでは改善が難しいです。これらの症状がある場合は、医療機関での専門的な治療が必要となる可能性があります。

日常生活 5つの質の向上

「腰椎椎間板ヘルニア」の症状が改善することにより、あなたの日常生活の質が向上し、より充実した毎日を送ることができるでしょう。以下に、その具体的な変化を挙げてみます。

  1. 【痛みが和らぐ】
    痛みが軽減することで、普段の生活がしやすくなるでしょう。たとえば、長時間座っていられるようになるかもしれません。
  2. 【活動範囲が広がる】
    歩行や立ち上がりなど、日常の動作がスムーズになるでしょう。これにより、以前は困難だった活動にも参加できるようになるかもしれません。
  3. 【睡眠の質が向上する】
    痛みが和らぐことで、睡眠中の違和感が減り、より深く休むことができるでしょう。
  4. 【精神的な安定】
    体の不調が改善されることで、ストレスが減り、気分も良くなるでしょう。これが生活全般の満足度を高めるかもしれません。
  5. 【自己管理能力の向上】
    症状を管理し改善するための知識や技術を身につけることで、自己の健康に対する意識が高まるでしょう。

これらの変化を体感するためには、定期的な整体への通院や、生活習慣の改善などが必要です。しかし、一歩一歩前進すれば、きっとより良い未来があなたを待っているでしょう。

 

予防・再発防止とセルフケアのポイント

腰椎椎間板ヘルニアの予防や再発防止は、日々の生活習慣の見直しと、自宅でのセルフケアが重要です。身体の使い方を意識し、自身でケアをすることが、症状をコントロールし、長期的な改善に繋がります。

予防や再発防止のポイント

  1. 正しい姿勢を心がける
    常に自身の姿勢をチェックし、背筋を伸ばし、腹筋を使うように意識します。
  2. 適度な運動をする
    筋力を維持し、柔軟性を高めるために、ウォーキングやストレッチングなどを日常に取り入れます。
  3. 重いものを持つときは膝を曲げて腰を据える
    腰に負担をかけずに物を持ち上げるためには、腰ではなく膝を使うことが大切です。

自宅でできるセルフケアの方法

  1. 定期的にストレッチングをする
    ヘルニアの予防や改善には、腰周りの筋肉を柔らかく保つことが有効です。特に長時間座った後などには、立ち上がって少し動かすと良いでしょう。
  2. 湿布や温湿布を使う
    痛みが強いときには、湿布や温湿布を使うと痛みが和らぎます。ただし、使用は一日数時間程度に留めましょう。

日常生活での工夫

  1. 長時間同じ姿勢を避ける
    一定の姿勢が腰に負担をかけます。立ったり座ったりと、こまめに姿勢を変えることを意識します。
  2. 座るときは椅子の背もたれを使い、腰にクッションを当てる
    これにより、腰への負担が軽減されます。
  3. 寝るときは硬めのマットレスを使用する
    腰への負担を減らすために、適度な硬さのマットレスを選びます。

これらのポイントを実践して、健やかな毎日を送りましょう。

以下の表は、腰椎椎間板ヘルニアの予防・再発防止と自宅でできるセルフケアのポイントをわかりやすくまとめたものです。毎日の生活に取り入れ、健康維持に役立ててください。

分類 ポイント
予防や再発防止のポイント 1. 正しい姿勢を心がける

2. 適度な運動をする

3. 重いものを持つときは膝を曲げて腰を据える

自宅でできるセルフケアの方法 1. 定期的にストレッチングをする

2. 湿布や温湿布を使う

日常生活での工夫 1. 長時間同じ姿勢を避ける

2. 座るときは椅子の背もたれを使い、腰にクッションを当てる

3. 寝るときは硬めのマットレスを使用する

 

腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は一度当院へご相談ください

整体施術は、腰椎椎間板ヘルニアの痛みを和らげ、日々の生活の質を改善することが期待できます。あなたの健康な生活への一歩、私たちと一緒に踏み出しませんか?

【当院で受けられる整体の効果とサポート】

当院の整体は、筋肉や関節のバランスを整えることで腰の痛みを軽減し、体全体の機能を高めることを目指します。また、一人一人の状態に合わせた個別のケアを提供します。これにより、腰椎椎間板ヘルニアの症状の改善だけでなく、再発の予防にもつながるでしょう。さらに、自宅でできるセルフケアのアドバイスも行い、日常生活の中であなた自身が自分の体をケアできるようサポートします。

【健康な生活への一歩を踏み出しませんか?】

今は厳しい状況かもしれませんが、あきらめずに少しでも良くなるための一歩を踏み出しましょう。当院のスタッフ一同、あなたの健康を取り戻すためのお手伝いを全力でサポートします。腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

 

お悩みのご相談お待ちしています

3つのお約束

無理やり予約を取ることはしません。

早期改善のため最適な施術プランを提案し、それに従って来院することをおすすめしています。施術プランに納得いただけない場合は、無理に予約を迫るようなことは絶対にしません。

お時間を無駄にすることはしません。

検査を行い、ゆがみの根本原因を的確に調整することで、短時間でもからだが変化します。当院の施術は、横になるのが辛い方や忙しい方からも「通院しやすい」と好評を得ています。

事前に料金説明して施術を行います。

当院では、施術前に整体内容と施術方針と金額の説明をしています。「これとあれの追加で、合計○○円です」といった、施術後になって初めて金額がわかるようなことはしません。

 

campaign

5月23日 (木) ~ 5月31日 (金)までに
LINE予約フォームから予約申し込みの方に限り

 

初回整体コース

初回 5,500円
通常初回 9,900円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ 残り 3 名

※初回はカウンセリング・検査があるため、60分ほど掛かります。
※お電話での予約はキャンペーンの対象外です。
※必ずLINE予約フォームをご利用ください。

 

LINEでのご予約

お気軽にお問い合わせください。

▷LINEで簡単に予約ができます。

痛みや症状、からだのお悩みがLINEで相談できます。

LINE予約

/ 24時間予約受付中 \
お電話でのご予約

受付は10時からです。

※特典やキャンペーンのご利用はできませんが、通常のご予約はお電話でも承っています。

※電話がつながらない場合は留守番電話に切り替わるので、お名前とご連絡先をお知らせください。こちらから折り返しお電話いたします。

受付:10時〜18時
(木曜10時〜12時)
休業日:日・祝・木曜日午後

当院は完全予約制です。

tel:0878610861

初めてご来院の方へ

当院のメニューおよび料金はこちら

 

香川県高松市の悠大整体院の所在地

悠大整体院地図
〒760-0078
香川県高松市今里町2丁目29-20
電話:087-861-0861(受付は10時から)
駐車場:前面に3台あり