坐骨神経痛

ヘッダー画像-lp2-2023_05_24

坐骨神経痛にお悩みの方へ

坐骨神経痛の症状のため、 日々の活動や作業が辛かったり、痛みで眠れない夜を過ごしていませんか? あるいは、痛みを抑えるために姿勢を変えることで、新たな体の問題が生じていませんか? この痛み、実は整体で改善する可能性があります。

 

このようなことに困っていませんか?

坐骨神経痛は、痛みだけでなくさまざまな生活上の困りごとを引き起こす可能性があります。

  1. 長時間座っていると痛みが増して作業ができない。
  2. 旅行や外出が楽しみにならず、恐怖に感じてしまう。
  3. 運転中や通勤中の座席での痛みに耐えられない。
  4. 睡眠中に痛みで目が覚めてしまう。
  5. 体操やエクササイズができないため、体力が低下してしまう。
  6. 長時間立っていると痛みが強くなるため、家事や仕事に影響が出る。
  7. 恒常的な痛みにより、気分が落ち込んでしまう。
  8. いつ痛みが強くなるか分からない不安から、外出を控えるようになる。
  9. 痛み薬に頼ることが多くなり、その副作用に悩んでしまう。

 

坐骨神経痛症状とは?

坐骨神経痛の特徴: 坐骨神経痛の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

  1. 痛みの場所:通常、坐骨神経痛は腰から臀部、太もも、膝、足にかけて痛みを引き起こします。痛みは一側の足に集中することが多いです。
  2. 痛みの性質:坐骨神経痛の痛みは、鋭い、刺すような痛み、あるいは電気が走るような痛み、燃えるような痛みといった感じ方をします。
  3. 座る、立つ、歩くなどの動作で痛みが増す:一般的に、長時間座っていると痛みが増えることが多いです。また、立ち上がるときや歩くときにも痛みを感じることがあります。
  4. 痛みの周期性:坐骨神経痛は、しばしば急に始まり、激しい痛みが一時的に続くことがあります。その後、痛みが和らぐ期間があるものの、また痛みが再発することがあります。

以上のように、坐骨神経痛はその特性上、日常生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。

 

坐骨神経痛の関連症状

  1. 腰痛: 坐骨神経痛は、しばしば腰痛と一緒に現れます。坐骨神経は脊髄の下部から腰とお尻を通って脚へと走っているため、この神経が圧迫または刺激されると、腰から足までの痛みや不快感を引き起こすことがあります。
  2. 足のしびれ: 坐骨神経痛の一般的な症状として足のしびれや感覚異常があります。これは、坐骨神経が足まで信号を送っているためで、この神経が何らかの理由で影響を受けると、足に異常な感覚やしびれを感じることがあります。
  3. 自律神経: 自律神経は、私たちの体の機能を制御しており、ストレスや不安などがあると自律神経が乱れ、それが坐骨神経痛の症状を悪化させることがあります。逆に、自律神経を整えることで、坐骨神経痛の症状を緩和することも可能です。
  4. 便秘: 便秘は、腹部の圧力を増加させ、それが坐骨神経に影響を与える可能性があります。特に長期的な便秘は、坐骨神経痛を引き起こすリスクを高める可能性があります。
  5. 睡眠障害: 痛みが強いとき、睡眠を妨げることがあります。不十分な睡眠は自律神経を乱し、坐骨神経痛の症状をさらに悪化させることがあります。
  6. 冷え性: 冷え性は、血行不良を引き起こす可能性があり、それが坐骨神経を圧迫する結果、坐骨神経痛を引き起こす可能性があります。また、冷え性は自律神経の乱れの一つの表れでもあります。

 

坐骨神経痛と自律神経の関係

自律神経は、私たちの体の各部位の働きを調節し、内臓の働きや血流、筋肉の緊張度などをコントロールします。これにより、身体の恒常性(ホメオスタシス)を保ちます。坐骨神経痛は、神経が何らかの理由で刺激を受けると発生しますが、その刺激の一部は自律神経の乱れから来ることもあります。例えば、ストレスや疲労が自律神経を乱すと、筋肉の緊張が高まり、神経を圧迫することがあります。

自律神経が原因になる場合とは: 自律神経の乱れが坐骨神経痛の原因になる場合としては、慢性的なストレスや疲労、過労、睡眠不足などが挙げられます。これらの状態は自律神経を乱し、筋肉の緊張や血流の変化を引き起こします。特に、腰やお尻、足の筋肉が常に緊張していると、坐骨神経に圧迫や摩擦を与え、痛みを引き起こすことがあります。

自律神経を整える施術の効果: 自律神経を整える施術は、坐骨神経痛の改善に役立つ可能性があります。これは、施術により筋肉の緊張が和らぎ、神経への圧迫が減少するためです。また、自律神経のバランスを整えることで血流が改善され、筋肉や神経組織への酸素や栄養の供給が良くなり、回復を促進することが期待できます。ただし、これはあくまで一部の場合であり、すべての坐骨神経痛が自律神経の乱れによるものではないため、個々の状況によるということを理解しておくべきです。

 

坐骨神経痛になりやすい人の傾向と特徴

坐骨神経痛になりやすい人の傾向と特徴: 坐骨神経痛になりやすい人の特徴は主に生活習慣や体の使い方、そして睡眠習慣によって決まる傾向があります。不健康な食生活や運動不足、そして不十分な睡眠は、体全体のバランスを崩し、神経を圧迫する可能性があります。

生活習慣の影響(食事): 食事が不規則でバランスの悪い食生活をしている人は、坐骨神経痛になりやすい傾向があります。これは、栄養が不足したり過剰になると、体の筋肉や神経組織の健康が損なわれ、炎症や神経への圧迫を引き起こす可能性があるからです。

体の使い方や姿勢の影響(運動): 長時間座ったままでいることや、間違った姿勢でいることが多い人、あまり運動をしない人は、筋肉の緊張が高まり、神経が圧迫されやすい状態になる可能性があります。これは、体の筋肉が硬くなったり、体が十分に動かないことで血行が悪くなり、神経が刺激されやすくなるため、坐骨神経痛になりやすいです。

睡眠や環境の影響(睡眠): 睡眠不足や、質の悪い睡眠を続けている人も、坐骨神経痛になりやすいです。十分な睡眠が取れないと、体の回復機能が低下し、筋肉の緊張が解けずに神経が圧迫される可能性があります。また、ストレスが多い環境にいることも、自律神経のバランスを乱し、坐骨神経痛のリスクを高めます。

傾向と特徴 なりやすい理由
食事 不規則でバランスの悪い食生活 栄養の不足や過剰により、体の筋肉や神経組織の健康が損なわれ、炎症や神経への圧迫を引き起こす
運動 長時間座ったまま、間違った姿勢、運動不足 筋肉の緊張が高まり、神経が圧迫されやすい状態になる。血行が悪くなり、神経が刺激されやすくなる
睡眠 睡眠不足や質の悪い睡眠、ストレスフルな環境 体の回復機能が低下し、筋肉の緊張が解けず神経が圧迫される。自律神経のバランスが乱れ、坐骨神経痛のリスクが高まる

 

放置するとどうなる?

坐骨神経痛を放置すると、一時的な痛みだけでなく、長期的な影響も生じる可能性があります。痛みが悪化したり、慢性化したり、さらに他の健康問題を引き起こすこともあります。

悪化のリスク: 坐骨神経痛は、筋肉の緊張や運動不足などが神経に圧力をかけ、痛みを引き起こします。この状態を放置すると、痛みはさらに悪化し、普段の生活に支障をきたす可能性があります。さらに、神経の圧迫が続くことで感覚異常や運動障害などの重度の症状を引き起こすこともあります。

慢性化のリスク: 坐骨神経痛が慢性化すると、一過性の痛みではなく、常に痛みを感じる状態になる可能性があります。これは生活の質を著しく低下させ、日常活動が困難になることもあります。

長期的な影響: 坐骨神経痛を放置すると、神経が損傷し、それが回復しない場合、感覚異常や運動障害が永続化する可能性があります。さらに、痛みを避けるために姿勢を崩すことで、背骨の健康を害することもあります。これらは、生活の質を損なうだけでなく、長期的な健康問題を引き起こす可能性もあります。

坐骨神経痛を放置するリスク
悪化のリスク 坐骨神経痛を放置すると、痛みが悪化し、生活に支障をきたす可能性がある。さらに、神経の圧迫が続くと、感覚異常や運動障害などの重度の症状を引き起こすこともある。
慢性化のリスク 坐骨神経痛が慢性化すると、一過性の痛みではなく、常に痛みを感じる状態になる可能性がある。これは生活の質を著しく低下させ、日常活動が困難になることもある。
長期的な影響 神経が損傷し、回復しない場合、感覚異常や運動障害が永続化する可能性がある。また、痛みを避けるために姿勢を崩すことで、背骨の健康を害することもあり、長期的な健康問題を引き起こす可能性がある。

 

当院で受けられる整体の効果

坐骨神経痛の症状については、整体で改善が期待できるものと、改善が難しいものがあります。

「整体で改善が期待できるもの」

整体では、体のバランスを整えることにより、坐骨神経痛を引き起こす可能性のある筋肉の緊張や体の歪みを緩和することができます。これにより、軽度から中程度の坐骨神経痛の症状が改善することが期待できます。例えば、長時間座ったままの仕事をしている人が坐骨神経痛に悩んでいる場合、整体により体の姿勢を改善することで、痛みを和らげることができるでしょう。

「整体で改善が期待できないもの」

一方で、坐骨神経痛が腰椎ヘルニアや腫瘍などの病的な要因によるものの場合、整体での改善は期待しづらいです。これらの場合は、医療的な治療が必要となります。特に、重度の痛みや運動障害が見られる場合は、早急に専門医の診断を受けることをお勧めします。また、坐骨神経痛が慢性化している場合でも、整体だけでの改善は難しい場合があります。これらの場合は、生活習慣の見直しや適切な運動療法と併用することで、症状の改善が期待できます。

 

坐骨神経痛の症状が改善すると、日常生活の質が大幅に向上し、以下のような未来が開けます。

生活における悩みや困難が軽減すると、より充実した生活を送ることができます。

  1. 長時間座っていることが辛くなくなる: 仕事や勉強などで長時間座っていると痛みが強くなるという悩みが改善され、日常生活に支障をきたすことがなくなります。
  2. 旅行やアウトドア活動を楽しむことができる: 痛みによる制限がなくなり、旅行やアウトドア活動など、趣味やレジャーを満喫することができます。
  3. 運動やフィットネスが楽しめる: 痛みがなくなると、健康的なライフスタイルを追求するためのエクササイズやフィットネス活動を継続することができます。
  4. より良い睡眠を得られる: 痛みによる睡眠の妨げがなくなり、睡眠の質が向上し、その結果、日中の活動力も上がります。
  5. ストレスや不安の軽減: 常に痛みを抱えているストレスから解放され、精神的な健康も改善します。これにより、全体的な生活の質が向上します。
  6. 家庭生活や仕事のパフォーマンス向上: 痛みが軽減されると、家庭での活動や職場でのパフォーマンスも向上します。家族との時間を楽しむことができ、仕事でも最高のパフォーマンスを発揮することができます。

 

予防・再発防止とセルフケアのポイント

「坐骨神経痛」の予防や再発防止は、適切な体の使い方やライフスタイルの改善、そして自宅でできるセルフケアが重要です。以下に詳しく解説します。

予防や再発防止のポイント:

坐骨神経痛の予防や再発防止には、以下のようなポイントがあります。

  1. 適切な体の使い方: 長時間同じ姿勢でいると、体に無理な負荷がかかり、坐骨神経痛を引き起こす可能性があります。特に座っている時間が長い人は、立つ、歩く、ストレッチするなどして定期的に体を動かすことが大切です。
  2. 適度な運動: 筋力を保つためには、定期的な運動が必要です。特に背中やお尻、足の筋肉を強くするエクササイズは、坐骨神経痛の予防に効果的です。
  3. 正しい姿勢: 正しい姿勢を保つことも重要です。悪い姿勢は体にストレスを与え、神経を圧迫する可能性があります。立っているときや座っているとき、重いものを持ち上げるときなど、常に姿勢を意識することが大切です。

自宅でできるセルフケアの方法:

坐骨神経痛の自宅でのセルフケアには、以下のような方法があります。

  1. ストレッチング: 坐骨神経に沿った筋肉を伸ばすストレッチングは、神経の圧迫を和らげるのに有効です。例えば、座った状態で足をまっすぐ伸ばし、体を前に倒す運動などが効果的です。
  2. 冷やす・温める: 痛みが強いときは、アイシング(冷やす)が効果的です。また、筋肉の緊張を和らげるためには、暖めることが有効です。ホットパックや温湿布を使うことで、自宅でも簡単にケアすることが可能です。

日常生活での工夫:

日常生活で坐骨神経痛のケアを行うための工夫には、以下のようなことがあります。

  1. 適切な座り方: 長時間座る場合、腰にクッションを挟んだりするなどして、座り方に工夫をすることが大切です。
  2. 体重管理: 適切な体重を維持することで、坐骨神経にかかる負担を軽減することができます。
  3. 健康的な食生活: 適度な運動と並んで、健康的な食生活も重要です。特にビタミンやカルシウムは神経の健康に良いとされています。

以上の予防や再発防止のポイント、自宅でできるセルフケアの方法、日常生活での工夫を意識して、坐骨神経痛の予防と管理に努めてみてください。

【予防や再発防止とセルフケアのポイントの表】

坐骨神経痛の予防や再発防止、そしてセルフケアについて、次の表にまとめてみました。これを参考に、日々の生活に取り入れてみてください。

ポイント
予防や再発防止 ①適切な体の使い方:長時間同じ姿勢を避け、定期的に体を動かす。

②適度な運動:背中やお尻、足の筋肉を鍛える。

③正しい姿勢:立つ、座る、ものを持つときなど、日々の姿勢を意識する。

自宅でできるセルフケア ①ストレッチング:坐骨神経に沿った筋肉を伸ばす。

②冷やす・温める:痛みを和らげるためにアイシング、筋肉をリラックスさせるために温める。

日常生活での工夫 ①適切な座り方:座るときは腰にクッションを挟んだりする。

②体重管理:適切な体重を維持する。

③健康的な食生活:ビタミンやカルシウムを含む食事を心がける。

 

坐骨神経痛でお悩みの方は一度当院へご相談ください

【当院で受けられる整体の効果】

当院の整体は、坐骨神経痛の原因となる筋肉の硬さや骨盤の歪みを調整することで、痛みを和らげ、体の自然な動きを取り戻すことを目指しています。それぞれの患者さんの体調や痛みの状態に合わせて施術を行うため、安全性と効果性を高めることができます。

【当院で受けられる整体の効果とサポート】

当院で受けられる整体は、自律神経にアプローチして呼吸と循環を良くし、身体の歪みを調整することで、坐骨神経痛による痛みや不快感を軽減することが期待できます。また、整体だけでなく、日常生活での姿勢の注意点やストレッチ方法など、自宅でのセルフケアのアドバイスも行っています。これにより、一時的な改善だけでなく、再発防止にもつながります。

【健康な生活への一歩を踏み出しませんか?】

坐骨神経痛でお困りの方、ずっと痛みに耐えてきた方、これからの生活をもっと快適に過ごしたいと考えている方。当院の整体はその一歩となるかもしれません。痛みに悩まされる日々から解放され、より良い生活を手に入れるために、一度当院へご相談ください。健康な毎日への道筋を一緒に見つけていきましょう。

 

お悩みのご相談お待ちしています

3つのお約束

無理やり予約を取ることはしません。

早期改善のため最適な施術プランを提案し、それに従って来院することをおすすめしています。施術プランに納得いただけない場合は、無理に予約を迫るようなことは絶対にしません。

お時間を無駄にすることはしません。

検査を行い、ゆがみの根本原因を的確に調整することで、短時間でもからだが変化します。当院の施術は、横になるのが辛い方や忙しい方からも「通院しやすい」と好評を得ています。

事前に料金説明して施術を行います。

当院では、施術前に整体内容と施術方針と金額の説明をしています。「これとあれの追加で、合計○○円です」といった、施術後になって初めて金額がわかるようなことはしません。

 

campaign

5月23日 (木) ~ 5月31日 (金)までに
LINE予約フォームから予約申し込みの方に限り

 

初回整体コース

初回 5,500円
通常初回 9,900円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ 残り 3 名

※初回はカウンセリング・検査があるため、60分ほど掛かります。
※お電話での予約はキャンペーンの対象外です。
※必ずLINE予約フォームをご利用ください。

 

LINEでのご予約

お気軽にお問い合わせください。

▷LINEで簡単に予約ができます。

痛みや症状、からだのお悩みがLINEで相談できます。

LINE予約

/ 24時間予約受付中 \
お電話でのご予約

受付は10時からです。

※特典やキャンペーンのご利用はできませんが、通常のご予約はお電話でも承っています。

※電話がつながらない場合は留守番電話に切り替わるので、お名前とご連絡先をお知らせください。こちらから折り返しお電話いたします。

受付:10時〜18時
(木曜10時〜12時)
休業日:日・祝・木曜日午後

当院は完全予約制です。

tel:0878610861

初めてご来院の方へ

当院のメニューおよび料金はこちら

 

香川県高松市の悠大整体院の所在地

悠大整体院地図
〒760-0078
香川県高松市今里町2丁目29-20
電話:087-861-0861(受付は10時から)
駐車場:前面に3台あり